2011/01/11

カメ観察

気温の下がった先月位から大きい方のリクガメが
あまり姿を見せずシェルターにこもりがちです。

エサも一週間食べない時もあるんです。
温度管理してるんですがやっぱり寒いんでしょうね。
(理想温度は30℃位なので…)

日光浴させたい所ですが外はもっと寒いので
週1回はお風呂に入れてあげるようにしてます。

入浴後はやはり体があったまり代謝もよくなるようで
食べなかった分の埋め合わせとばかりにエサに喰らいつきます。


ロシアリクガメはくちばしが伸びてしまうので
柔らかいものばかりは避けた方がいいそうです。


うちの子は茎など硬い部分を残すのでこの通り
立派なくちばしになってしまいました…。

小さい方のギリシアクリガメは寒くても毎日元気で
よく運動しよく食べます。


日光浴できない季節は室内でちょっと運動させてます。
ゆうかも喜んで「カメしゃん~♪」とか言ってるのですが…。

パプリカが大好物だからかカメがロディに突進して行き
噛り付いたことが過去にありました。


↑確かにこの色と質感…パプリカに似てますよね~。
ゆうかは「それゆうかのでしょ!」と大激怒していました。

面白いことに赤い色に過剰反応するようで
赤い風船やブロックにも突進して噛み付きます。

この日も急にエサを食べるの中断して進みだしたので
ホクトの視線が怖いのかな~と思ったのですが…


                  ※念の為出ていただきました。

三越の紙袋の赤が視界に入ってようで
かぶりつくためのダッシュだったよです。

カメは万年…と言いますが、実際は50年位のようです。
と言っても後50年っつたら私は81歳。

いつかゆうかにお世話をバトンタッチしようと思います。
それまで元気に育てなくては!!


ゆうかブーム中のセロハンテープをカメにくっつけないか
それだけが心配な室内運動の時間でした。

★ランキング参加中★
ベランダ追放のホクトくんに、わんクリックお願いわん。


★ちゃっかり参加★
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

0 件のコメント: