2010/10/18

食べられる小若

土日に川越祭りへ行ってきました!
今年も「小若」着用です。


去年はゆうかが熱で実家へ預けていた時に
たまたまお祭りの時期だったので参加しました。

なのでこんな感じでした。
<BEFOER(1年前)>

しかし今年はお祭りのために実家へ宿泊したので
やる気満々!!(ハッピもピチピチ!)

<AFTER>

川越祭りは江戸時代から続くもので
山車が有名でたくさんの山車が行きかいます。

<BEFORE(1826年)>

最初は質素な行列だったようですが
発展した184年後の現在はこんなかんじ。

<AFTER>

朝の時点でこれです。
夜には何十もの山車が集まって踊り合いをします。

トップに乗ってる人形はその地区の有名な人物で(徳川家光とか)
ニョキッと出てくるとかなり高さがあります。

たまたま歩道橋で移動していたら下に山車が通っていて
ゆうかの目線の少し下に人形がいてビックリしてました。


山車以外にも道々舞台があって
ひょっとこやらオカメが踊っています。

とある舞台では獅子舞が子供の頭を食べてました。
並べば誰でも食べてくれるようです。


最初は怖がって頑なに首を振って
私の誘いを頑固拒否していたゆうかですが…


次々と子供が頭をかじられている様子を見て
「ママ、行くわ。」と、勇気を出して食べてもらいました。

これで一年無病息災だそうです!

***

帰ってくると目をランランとさせたホクトが
出迎えてくれました。


私とゆうかはお祭りで充実していたけれど
こちらもパパとの生活を十分堪能していたようです。

★ランキング参加中★
祭りよりパパ命のホクトくんに、わんクリックお願いわん。


★ちゃっかり参加★
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

2 件のコメント:

グランバカ@トミエモン さんのコメント...

なかなか勇壮なお祭りに行かれたんですね。
こちらでは山車というものはほとんどなくだんじりと呼ばれるものです。
曳くものではなく担ぐものですが、1tはありまして子供が4人乗って太鼓を叩きます。

かおり さんのコメント...

>グランパ@トミエモンさん

あまりにも地元のお祭りなので
ちゃんと見たのは初めてでした。^^
山車もいいですがおみこしもすごいですよね!!
やっぱりひくのと担ぐのと、お祭りの趣旨が
違うからなんでしょうかね~?
そういうのを知るのも楽しそうですよね。^^